リノベーションPARTS




エントランス_リノベーション【アトリエ351】

   
lighting wall material

P1012889ms

P1012885-

P1012883-

P1012889-

■アンティークバイヤーがリノベーションしたエントランス

シュールなコレクションに囲まれた
彼のアトリエを訪れて
すぐに部屋創りをお願いした訳ですが
その空間のカッコよさ!!に焦がれて
今度は建物の核となるエントランスホールの
リノベーションもお願いしました。

ゆったりまったり妖しげにリノベーションされたエントランスホール。
妖艶な吉原の街によく似合います。

■アンティークバイヤー若林さんのエントランスリノベーション概要

リノベーション物件名称//アトリエ351
リノベーション物件所在//台東区千束3-1-12
リノベーション区画//エントランス
リノベーション年月//201504
デザイナー・設計・施工//若林 昌志  Storage(ストーレッジ)代表
20代バックパッカーやワーキングホリデーを通じて
海外のインテリアや家具に触れる。

東京の某イギリスアンティーク家具店に就業。
2001年一念発起して渡英。
ロンドン カムデンタウンのアンティーク家具店に
飛び込みにて就業。
4年間本場の家具に触れ修復技術を学ぶ。

帰国後、札幌、金沢、東京の家具店に勤務。
現在は独立し、Storageとしてアンティーク家具の修復、
全国の骨董市で チェコ 東ドイツから集めた
少し奇抜でシュールな、独特の雰囲気なアンティーク雑貨の販売をする。

都内では青山 Weekly Antique Market
有楽町大江戸骨董市、東京蚤の市など 毎週場所を変え営業中。
物件の特徴やポイント//
(15平米間取り1R)

|

lighting wall material